育毛剤と発毛剤。
薄毛に効果的なのはどちらなのでしょう。
育毛剤と発毛剤は、それ程違いがないものだと思っていました。
しかし、漢字から判断すると、育毛剤は「今残る髪の毛を育て上げる」、
発毛剤は「今乏しい髪の毛を生みだす」ということなのかもしれないと
思えてきました。
育毛剤も、真新しい髪の毛を出してくれるものだと思っていましたが、
こうして並べて比較してみると、違うのかもしれません。
専門家の説明によりますと、いよいよ、
育毛剤は今いる毛髪の成長を促すものだそうです。
それにプラスして、脱毛を予防やる効果もあるとのことでした。
では、発毛剤を専門家がどうして説明しているのかというと、
こちらも私の予想どおりで、新しく毛髪を発毛させる効果がいる
というものですそうだ。
ですから、配合されている成分がまったく違うことになり、
発毛剤は薬事法で医薬品に指定されているものが多くなるのだそうです。
この点でいうと、育毛剤は医薬品のものもありますが、
医薬部外品のものもあります。
配合されている有効成分の違いにより、
指定もなるということだ。
ということは、薄毛にとって、育毛剤と発毛剤の
どちらがいいのかということは、一概には言えない

ということになります。
しかし、育毛剤は今ある毛髪に効果があることと、
これ以上の抜け毛を防ぐということですから、
毛髪が厚くなることはあっても上がることは乏しいのかもしれません。
発毛剤は毛髪を繰り返すことが目的ということになります。
どちらも使えばいいということになりますね。