近年、薄毛に苦しむ人が増えています。
理由としてはほんとに、ストレスがあります。
ストレス社会で、若い頃からストレスに晒されて、
早くから薄毛にのぼる人が増えているのだ。
ひいては、食事が欧米化してきて、頭皮に脂が溜まり易く、
抜け毛が進行してしまう場合もあります。
スマホやゲームのしすぎで、睡眠時間が短縮やることなども
薄毛に関係しています。
このように、現代は薄毛になりやすい環境
買えるのだ。
ただ、技術は進歩していますから、薄毛も対策次第で改善可能だ。
その対策といえば、真っ先に思いつくのが
育毛剤や発毛剤の使用です。
これらを使えば、薄毛を克服とれる可能性は十分だ。
ところで薄毛になった場合、育毛剤を使えばよいのか、
発毛剤を使えばよいのかわからない
という人も多いと思います。
無論、育毛剤と発毛剤の効果には違いがあります。
育毛剤というのは、今ある髪を丈夫に育て上げる効果に優れ、
脱毛の予防やフケやかゆみをおさえて頭皮環境を整え、
髪を育てて薄毛を改善行う。
頭皮環境が良くなることで、薄毛部分からの発毛効果も
期待することができます。
一方、発毛剤の場合は読んで字のごとく、発毛させるためのもので、
直接毛母細胞に働きかけて、発毛を促進し薄毛を改善してくれます。
このように育毛剤と発毛剤には違いがあります。
頭皮環境が乱れて薄毛になっている場合は育毛剤を、
薄毛の進行が早い場合は発毛剤を使うようにするなど、
状況に合わせて使うのがベストだ。